【代用できるボールも紹介】くもんのくるくるチャイムを使った感想をレビュー【口コミあり】

更新日:

くるくるチャイムの紹介画像

こんな人におすすめ

  • くるくるチャイムの使った感想が知りたい
  • くるくるチャイムの口コミが知りたい

実家の両親が娘のためにくもんのくるくるチャイムを買ってくれました。

いまではうちの娘の一番のお気に入りのおもちゃになっています。

今回はくるくるチャイムの評価や口コミについてレビューしていきます。

くるくるチャイムについて

くるくるチャイムはボールを入れるとくるくる回りながら落ちてくるくもん出版のボールトイです。

くるくるチャイムを知らない人は動画を参考にしてみてください。

くるくるチャイムを使った感想

ボールを入れるとゆっくりとくるくる回りながら落ちていくシンプルなおもちゃなんですが、落ちる様子が見えるので見ているだけでも意外と楽しいです。5個ボールが付いているので、連続していれても5個目を入れるときには1個目のボールが戻ってくるので、永遠に繰り返せます。リズムよく入れると結構ハマります。

初めて使うときはなかなか遊んでくれない人もいるかもしれません。うちの娘もそうでした。くるくるチャイムを買ったばかりのころは、ボールを舐めたり投げたりするだけで全然本体で遊んでくれませんでした。ボールだけあればいいみたいな、、、でも、何度もボールを入れ方を何度も見せていると次第に真似してくれるようになりました。

最初はうまくボールが入らなかったりしたけど、何度もチャレンジして入るたびに「おー」と感動?していました。コツがわかると夢中で何度もボールを入れていました。すごく楽しそうでこっちまで楽しくなります。 娘と交互にボールを入れたりして、ついつい一緒に遊んでしまうぐらい楽しいおもちゃです^^

くるくるチャイムのおすすめポイント

  • 電池不要
  • 日本製
  • ボールが収納できる

電池が不要なので誤飲の心配などもなく安心して遊ばせられます。

日本製なのも◎。

以外に便利なのがボールを収納できることです。本体裏のスイッチを切り替えるとボールが内部に収納できるようになっていて、掃除するときなど移動するときにボールが転がらないのでとても便利で助かります。うちの場合は、ついでに他のボールも収納したりしてます。

くるくるチャイムのボール収納スイッチ 本体裏面に付いているボール収納スイッチをカッチっと移動すると、 くるくるチャイムのボールを収納した様子 こんな感んじでボールが中に収納できる仕組みです。

くるくるチャイムのデメリット

  • サイズが大きい
  • ボールが行方不明になりやすい

若干本体の身長が高いですが、本体内部にボールを収納できるので遊ばない時はボールの収納ケースとして使っています。

あと、ボールがよく転がります。廊下の端まで届くぐらいよく転がるので、油断しているとボールが行方不明になることがあります。うちではたびたびボールの捜索活動をしています、、、転がりすぎ。遊ぶスペースを決めておくといつも同じ位置にボールがいくのでなくなりづらいです。

くるくるチャイムの口コミや評判


くるくるチャイムのQ&A

くるくるチャイムはいつから遊べるの?

対象年齢は10か月〜3歳ごろまで。 ボールを掴めるようになれば遊べると思います。

くるくるチャイムで遊ばない子は?

初めてのおもちゃで遊び方がわからないのかもしれません。うちの娘も最初はボールだけで遊んでいました。ボールを入れるところを何度もみせていたら、遊び方が理解できたのか自分で入れるようになってましたよ。

くるくるチャイムで誤飲の心配は?

ボールの大きさは約4.5cmなので誤飲の心配ありません。

(補足:誤飲するサイズの目安は3.9cm)

電池など小さなパーツなどもないので安心して遊ばせてます。

くるくるチャイムの知育玩具としての効果は?

  • 手の器用さ:ボールの掴んで離す
  • 追視力・注視力:転がるボールを追う
  • 集中力:繰り返し遊ぶ

くるくるチャイムとリニューアルしたnewくるくるチャイムの違いは?

大きな違いはボールを本体に収納できる機能の有無です。

その他は多少の違いはありますがほとんど同じです。

くるくるチャイムのボールを代用する方法

くるくるチャイムにくろくまくんの10までかぞえてバスのボールを入れた画像

ボールだけのためにくるくるチャイムをもう一度買わなくても代用できるボールがあります。

以前はスペアボールを売っていたのですが、今はもう手に入りません。ですが、くもんの別のおもちゃ『トンころガッタン』と『くろくまくんの10までかぞえてバス』のボールで代用できます。くもんの『トンころガッタン』と『くろくまくんの10までかぞえてバス』のボールはくるくるチャイムボールと同じサイズです。

実際に『くろくまくんの10までかぞえてバス』についているボールをくるくるチャイムに入れてみました。画像の右に写っているのが『くろくまくんの10までかぞえてバス』です。バスに乗っている10個の動物たち(ボール)がくるくるチャイムに収納されています。ボールがたくさんあるのは『くろくまくんの10までかぞえてバス』には10個ボールがついているからです。『トンころガッタン』にはボールが4個、『くろくまくんの10までかぞえてバス』にはボールが10個ついています。

ボールの数だけで考えれば『くろくまくんの10までかぞえてバス』のほうがお得ですね。『くろくまくんの10までかぞえてバス』はボールに動物の絵が書いてあってとっても可愛いです。それに数を音声で教えてくれるので数字の勉強にもなります。『くろくまくんの10までかぞえてバス』のほうがくるくるチャイムのボールを代用できて、さらに数字の勉強も出来るので一石二鳥です。数字の勉強は必ず必要になるので無駄になりません。


くるくるチャイムの最安値は?

くるくるチャイムをどこで購入すれば安く買えるか調査しました。 アマゾン、楽天、ヤフー、トイザらス、赤ちゃん本舗の5店舗の価格を比較してみます(2018年9月現在 送料無料のみ)

Amazon 2,739円
楽天 3,564円
Yahoo! 3,871円
トイザらス 3,778円
赤ちゃん本舗 ネット通販取り扱いなし

比較した結果、Amazonで買うのが一番お得だとわかりました!

どこで買っても同じ商品なので、Amazon以外のサイトでポイントが溜まっているとか、楽天カードで買い物したいなどこだわりがなければ、Amazonで買わないと損ですよ。

Amazonが他と比べて安すぎるので近々値上げするかもしれません。欲しいと思ったすぐにポチったほうがよさそうです。

くるくるチャイムの口コミと感想まとめ

他の人の口コミでも絶賛するひとがちらほらいて、高評価みたいですね。

くるくるチャイムは娘の1番のお気に入りで「入れるよ」とボールを持ってアピールしたり、一生懸命ボールを入れている姿はとても可愛いです。

あなたもお子さんとくるくるチャイムで楽しい時間を過ごしてください。

人気記事【3歳〜高校生】子供向けオンライン英会話3+1選【無料体験レッスンあり】
人気記事【0歳〜6歳】自宅でできる幼児教育教材おすすめ3選【家庭向け】

-おもちゃ
-, ,

Copyright© 子育ての知識 , 2020 All Rights Reserved.