【いつから必要?】赤ちゃんが使いやすい手押し車の選び方【つかまり立ちが目安】

投稿日:

ダンボールで遊ぶ男の子

「手押し車はいつから必要なんだろう? 赤ちゃんが使いやすい手押し車を知りたい!」
こんな疑問に答えます。

記事の内容

  • 手押し車はいつから必要なの?
  • 赤ちゃんが使いやすい手押し車の選び方
  • 赤ちゃんが使いやすい手押し車ランキング

手押し車はいつから必要なの?

手押し車は必ずしも必要ではない

手押し車は必ず必要というわけではありません。手押し車を使わずに育った赤ちゃんもいます。もしかしたら、あなたも手押し車を使っていなかったかもしれません。

「じゃあ、手押し車は必要ないの?」

いえいえ、手押し車は必ずしも必要ではないけど、あったほうが赤ちゃんにとっては良いです。

あなたのお家には赤ちゃんがつかまり立ちする場所はどれだけありますか?

手押し車はこんな人におすすめです。

  • つかまり立ちする回数を増やしたい
  • あんよの練習をさせてあげたい

つかまり立ちする回数が多いほど、赤ちゃんは早く歩くようになります。自転車の練習と同じです。何回もチャレンジすることで、上手に歩くコツをつかみます。

また、つかまり立ちだけだと前に歩く練習が出来ません。親が赤ちゃんの手を引いて歩かせることは出来ますが、腰がとてもつらいです。腰痛に悩まされると子育ては一層大変になってしまいます。

赤ちゃんにとっても、親にとっても手押し車を使うメリットはあります。反対に手押し車を使うデメリットは特にありません。

手押し車を使うことに対して抵抗がないなら、ぜひ用意してあげてください。

赤ちゃんがつかまり立ちできたら手押し車を用意する

手押し車はいつから用意すればいいんでしょうか?

ずばり、つかまり立ちできた時です!

つかまり立ちを始めたらいつでも触れる場所に手押し車を置いておきます。そうすると、つかまり立ちする場所が増えるので必然的につかまり立ちする回数も増えます。

「つかまり立ちできる場所って多いほうがいいの?」

はい、つかまり立ちできる場所は多いほうがいいです。

世間では「赤ちゃんはそのうち歩くから心配いらない」と無責任な言葉を掛ける人も時々います。これは信じないほうが良いです。環境が整わないと赤ちゃんは歩けるようになりません。

赤ちゃんが使いやすい手押し車の選び方

おもちゃがいっぱい詰まった棚

手押し車といっても、たくさんの種類があるので迷ってしまいます。
手押し車の選び方を知らないと、赤ちゃんにとって使いづらい手押し車を選んでしまうかもしれません。

そこで、赤ちゃんにとって使いやすい手押し車の選び方を紹介します。

ポイントは3つです。

  • 手押し車の安定性
  • ハンドルの高さ
  • 歩きやすさ

手押し車の安定性

手押し車で一番重要なポイントは安定性です。安定性が低いとつかまり立ちするときにひっくり返ったり、押している時に転倒してしまいます。

実際にいくつか触って安定感のある手押し車の特徴をまとめました。

  • 重さ : 3.0kg以上
  • 幅 : 30cm以上
  • 素材 : 木製

重さは軽いほうがいいと思いがちです。ですが、軽すぎると赤ちゃんがハンドルに手をかけた時にひっくり返りやすくなります。そのため、ある程度重さがある手押し車のほうが安定性は高いです。

あまり気にする人はいなかもしれませんが、手押し車の幅を大事です。幅が狭すぎると、赤ちゃんが押しているときに転倒しやすくなります。

素材は木製のほうが安定性は高いです。プラスチック製の手押し車だと歪みがでやすいので、転ぶ危険性があります。

ハンドルの高さ

ハンドルが低すぎると赤ちゃんは上手く手押し車を押すことが出来ません。

自分がショッピングカートを押すのをイメージするとわかりやすと思います。ハンドルが低いと腰を屈めた状態になります。この体勢はとても辛いですよね。

赤ちゃんも押すのが楽しくないと嫌になってしまいます。

  • ハンドルの高さ : 約50cm

赤ちゃんの身長で多少上下するので、まだ身長が低い赤ちゃんならもう少し短くてもいいかもしれません。

歩きやすさ

どちらが歩きやすいと思いますか?

  • ハンドルがまっすぐついている
  • ハンドルが斜めで足元にくぼみがある

手押し車のハンドルがまっすぐだと、赤ちゃんが歩く時に足がぶつかってしまいます。

赤ちゃんが歩く時に足がぶつからないように、ハンドルが斜めになっているか、足元にくぼみがある手押し車をおすすめします。

赤ちゃんが使いやすい手押し車ランキング

バヨ (BAJO) ベビーウォーカー

  • 重さ:4.5kg
  • 幅:33cm
  • ハンドルの高さ:52cm
  • 素材:木製

安定性が非常に高い手押し車です。

前輪のほうが大きく作られているので、赤ちゃんが体重をかけてもひっくり返りません。その他にも、下にもバーが付いているので、はいはいの姿勢から自然につかまり立ちすることができます。

本体の重さは4.5kg、幅は33cmと非常に高い安定性があるので、安心して遊ばせることができます。

うちの娘もこの手押し車を使って遊ばせています。実はこの手押し車の前に違う手押し車を買ったのですが、安定性が悪く遊ばせておくのが不安だったので買い換えました。この手押し車ならひっくり返る心配がないので、安心して見ていることが出来ます。初めからこちらの手押し車にしておけば良かったと後悔したほどです。

歩けるようになった今でもお気に入りのおもちゃを入れて、楽しそうに遊んでいますよ。

AsToy 初めての手押し車

  • 重さ:3.0kg
  • 幅:34cm
  • ハンドルの高さ:44-50cm
  • 素材:木製

ハンドルの高さが調整できる手押し車です。44cm〜50cmの間で高さを変えられるので、赤ちゃんの身長にあったハンドルの高さに調整出来ます。

重さ3.0kg、幅34cmと安定性も◎。

後輪のタイヤのネジを調整することで、赤ちゃんの押す速度を調整することが出来ます。

BRIO 手押し車

  • 重さ:2.27kg
  • 幅:30cm
  • ハンドルの高さ:48cm
  • 素材:木製、ステンレス

スウェーデン王室御用達の大人気木製おもちゃブランドの手押し車です。

本体は木製、ハンドル部分はスチール製になっていて、ハンドルの角度を2段階に調整することができます。

重さは2.27kgと少し軽めですが、幅30cm、ハンドルの高さ48cmとバランスの良い手押し車です。

-育児, おもちゃ
-

Copyright© 子育ての知識 , 2020 All Rights Reserved.