哺乳瓶シェア1位!ピジョン母乳実感の特徴は?

更新日:

ビジョン母乳実感哺乳瓶の特徴は?

ピジョン母乳実感の特徴

国内の哺乳瓶シェア1位!(2016年ピジョン調べ)

ベビー用品売り場があれば、必ず置いてあるぐらいよく見かける哺乳瓶ですね。

見た目は普通の哺乳瓶ですが、新生児の赤ちゃんに着目し60年にわたる研究・開発によって作られています。

乳首に特徴があって、赤ちゃんがおっぱいを飲むときの口の動きを再現しているんです。

  • くわえた時に吸着する
  • しっかりと吸着する形状になっているので、余計な空気を飲みにくくなっています。

  • ちょうど良い柔らかさと肉厚
  • 赤ちゃんはおっぱいを飲む時に、舌で乳首をおしつぶして母乳を引き出します。この動きをスムーズに行えるちょうど良い柔らかさになっています。

  • 適切なミルクの量
  • 新生児がスムーズに飲める適切な量のミルクが出るように調整してあります。

ツイッターでの評判

ラインナップ

哺乳瓶のラインナップをイメージした画像

ピジョンは母乳実感の他にも、哺乳瓶を展開しています。
それぞれの特徴を見てみましょう。

母乳実感

サイズ展開は3種類。
素材はガラス製、プラスチック製の両方あり、形状はすべて広口タイプになっています。
柄は一つではなく、トイボックス柄やミッキー柄などかわいいデザインも選べます。

乳首は5種類あり、赤ちゃんの成長に合わせて変えることができるのも嬉しいですね。

『母乳実感 my Precious』という、少しずつたくさん飲む赤ちゃん用の哺乳瓶もあります。

哺乳瓶の種類

  • サイズ
  • ・80ml
    ・160ml
    ・240ml

  • 素材
  • ・ガラス
    ・PPSU(プラスチック)

  • 形状
  • ・広口タイプ

  • 消毒
  • ・沸騰:○
    ・薬液:○
    ・電子レンジ:○

乳首の種類

  • サイズ
  • ・SSサイズ(新生児〜)
    ・Sサイズ(1ヶ月頃〜)
    ・Mサイズ(3ヶ月頃〜)
    ・Lサイズ(6ヶ月頃〜)
    ・LLサイズ(9ヶ月頃〜)

  • 素材
  • ・シリコーンゴム

  • 形状
  • ・丸穴(SSサイズ、Sサイズ)
    ・スリーカット(Mサイズ、Lサイズ、LLサイズ)

スリムタイプ

ピジョンは母乳実感以外の哺乳瓶も展開しています。

お出かけの時など、持ち運びするのに便利なスリムな形状になっています。

乳首は月齢に合わせて、4種類あります。

注意点


スリムタイプの乳首と母乳実感の乳首は互換性がありません。乳首を買うときは気をつけましょう

果汁専用の哺乳瓶と乳首もあるので、果汁をあげるのに困ったときは試してみるとよいでしょう。

哺乳瓶の種類

  • サイズ
  • ・50ml
    ・120ml
    ・200ml
    ・240ml

  • 素材
  • ・ガラス
    ・ポリプロピレン(プラスチック)

  • 形状
  • ・スリムタイプ

  • 消毒
  • ・沸騰:○
    ・薬液:○
    ・電子レンジ:○

乳首の種類

  • サイズ
  • ・S 丸穴(0ヶ月〜)
    ・M 丸穴(4ヶ月頃〜)
    ・Y スリーカット(6ヶ月頃〜)
    ・L 丸穴(9ヶ月頃〜)

  • 素材
  • ・シリコーンゴム

  • 形状
  • ・丸穴(S、M、L)
    ・スリーカット(Y)

母乳相談室

母乳相談室は母乳で育てるママ用の哺乳瓶です。

桶谷式認定者の指導のもとで使う必要があります。

哺乳瓶の種類

  • サイズ
  • ・160ml

  • 素材
  • ・ガラス

  • 形状
  • ・広口タイプ

  • 消毒
  • ・沸騰:○
    ・薬液:○
    ・電子レンジ:○

乳首の種類

  • サイズ
  • ・SSサイズ(新生児〜)

  • 素材
  • ・シリコーンゴム

  • 形状
  • ・丸穴

こんな記事も読まれています

-哺乳瓶
-, ,

Copyright© 子育ての知識 , 2020 All Rights Reserved.