男の子と女の子の違いとは【脳科学でわかる】

更新日:

部屋で男の子と女の子が遊んでいる画像

「男の子と女の子の違いってどれくらいあるの?男の子と女の子の得意分野も教えて欲しい」


こんな疑問に答えます。

男の子と女の子では得意な分野が異なります。男の子はパズルが得意で、女の子はおしゃべりが上手です。

なぜこのような違いがあるのでしょうか?

記事の内容

  • 男の子と女の子の違いは脳
  • 男の子と女の子の違いは生まれつき
  • 男の子と女の子の特徴の違い

男の子と女の子の違いは脳

男の子と女の子が双眼鏡で覗き込んでいる画像

男の子と女の子の違いは脳の重さ

男の子と女の子では脳の大きさが違います。

生まれたばかりの赤ちゃんの脳は男の子と女の子でさほど変わりはありませんが、成長するにつれて脳の大きさに違いがでてきます。2歳ぐらいから差が大きくなり始め、最終的には男性は約1400g、女性は約1250gと重さが異なります。男性の脳は女性の脳よりも100g前後重いのです。

ただし、脳の大きさは体の大きさとも関係おり、脳が大きければ必ずしも優秀とは限りません。ただ大きければいいという物でもないので、女の子でも気にする必要はありません。ただ、脳の大きさが違うというだけです。

男の子と女の子の違いは脳の形も

男の子と女の子では脳の大きさだけではなく、脳の形も異なります。

一般的に、左右の脳をつなぐ脳梁という部分は男の子よりも女の子の方が大きく、情動に関係する扁桃体という部分は女の子よりも男の子の方が大きいと言われています。また、記憶に関係する海馬という部分も女性のほうが大きいと言われていました。しかし、異なる結果の研究結果もあります。

イギリスの研究結果によると6000件以上の脳の検査結果をメタ分析した結果、記憶に関連する海馬の大きさと左右の脳をつなぐ脳梁の大きさに男女差がないことが示されています。

ですので、大きな違いはないが、多少なりとも男女差があるぐらいに思っておいたほうが良さそうです。男の子の脳と女の子の脳の形については研究の余地がありそうです。今後の研究結果に期待しましょう。

男の子と女の子の違いは生まれつき

男の子が車のおもちゃで遊ぶ画像

子供におもちゃを選ばせると男の子は車のおもちゃを選び、女の子は人形を選ぶ傾向があります。仮に女の子に車のおもちゃを渡しても、車のおもちゃ同士でおしゃべりを始めてしまいます。男の子と女の子では好みが生まれつき違っているのです。

男の子と女の子の違いは好きなおもちゃにも

1歳頃から男の子と女の子でおもちゃの好みがはっきりしてきます。男の子は車などの男の子用のおもちゃを好み、女の子は人形などの女の子用のおもちゃを好むようになります。しかし、1歳の子供は自分の性別を認識することはできません。

子供が自分の性別を認識できるのは3歳前後です。3歳頃になると他の人の写真を見せても男女を判別できるようになります。自分の性別を認識できるようになると、おもちゃの好みはより固定化されます。

サルの脳も男の子と女の子に違いがある

サルでもオスとメスで異なるおもちゃを好むことがわかっています。

ある実験ではサルにおもちゃを与えると、オスのサルは人間の男の子が好むおもちゃを触り、メスのサルは人間の女の子が好むおもちゃを長い時間さわっていました。

生後1日の赤ちゃんに対する調査でも男の子と女の子で興味を示す対象が異なることがわかっています。

このように男の子と女の子は生まれつき好みが分かれているのです。男の子は車のおもちゃを与えたから男の子になるのでありません。男の子だから車のおもちゃを好むのです。

男の子と女の子の特徴の違い

女の子がくまのぬいぐるみを診察するごっこ遊びをしている画像

男の子の特徴

  • 空間能力が高い

男の子は空間認知テストで良い点を取ります。ここでの空間能力は頭の中で立体を回転させる能力のことです。方向感覚やジグゾーパズルで遊ぶ時などに関係してきます。この空間能力は3歳ごろに男の子の方が女の子より優ってきます。その後、成長するにつれて空間能力の差も大きくなります。大人の女性が地図を読むのが苦手なのもこの空間能力の差が関係しています。

一般的には男の子は左右の脳をつなぐ脳梁が小さく、左脳だけで情報を処理する傾向があると言われています。そのため男の子のほうが数学や科学が得意になると考えられていますが、科学的に証明はされていません。先ほども紹介しましたがイギリスの論文では男女の脳梁の大きさは同じだと示されています。

女の子の特徴

  • 言語能力が高い

女の子のほうが視覚や聴覚などの成長速度が少し早く、人の顔や声によく反応します。それに人形などを使ったごっこ遊びが大好きなので、男の子よりもたくさんの言葉を使います。そのため、会話によるコミュニケーション力が高くなります。

また、女の子は細かい違いを見分ける認知速度テストで良い結果を出します。女性は小さな変化でも気付きますが、男性はこの能力が高くないので小さな変化には気づけません。女性が前髪を少し切ったぐらいでは何も感じないのです。

男の子と女の子の違いを理解してあげる

男の子と女の子の脳の違いを見てきましたが、男女差よりも個人差の方が大きいです。平均身長は男の子の方が高くても、男の子全員が女の子よりも身長が高いわけではありません。

それに子供の空間能力と言語能力は伸ばすことが出来ます。

男の子の言語能力を伸ばしたいなら本をたくさん読んであげると良いでしょう。女の子の空間能力を高めたい場合はスポーツをさせると良いかもしれません。スポーツをしていた人はスポーツをしていない人に比べて空間能力が高いことがわかっています。

男の子と女の子の違いを理解して、子供の能力をより伸ばしてあげてください。

-幼児教育
-, ,

Copyright© 子育ての知識 , 2020 All Rights Reserved.